リニューアルしたグリーンダ・カ・ラを旧製品と比較したみた結果

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリーンダ・カ・ラ

グリーンダ・カ・ラ(GREEN DA・KA・RA)がリニューアルされました。原材料と味も変わっているそうですが、一番の変化はその色!ほんのり白濁していた液体から無色透明に変わりました。(なんか嫌な表現だな…)

食品・飲料のリニューアルは割とあるものですが、慣れ親しんだ色が変わるっていうのはあまり記憶にありません。色が変わるってことは味はどうなの?気になって買ってきちゃいました。新ダ・カ・ラ。

ポカリスエットやアクエリアスより甘味が少ないのと、飲み口が自然なのが好きで、ウチでは箱買いするくらい愛飲していました。そのため、旧ダ・カ・ラも家にあります。せっかくなので、成分の比較と飲み比べをしてみました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

成分表の比較

まずは成分表から。リニューアルにともなってそこそこの変更が。

栄養成分
(100mlあたり)
旧ダ・カ・ラ 新ダ・カ・ラ
エネルギー 17kcal 19kcal
たんぱく質 0g 0g
脂質 0g 0g
炭水化物 4.4g 4.9g
ナトリウム 40mg 40mg
カリウム 11mg 11mg
カルシウム 0.2~1.0mg 記載なし
マグネシウム 0.2~1.0mg 記載なし
アミノ酸 5~20mg 0.5~5mg
ぶどう糖 300mg 200~700mg
クエン酸 100mg 140mg

気になった点

まず目についたのはエネルギーと炭水化物。炭水化物が0.5グラム増え、エネルギーが2キロカロリー多くなっています。これは純粋に糖質が増えていることを示しています。500mlだと2.5グラムの糖類で10キロカロリーの増加です。糖質制限をしている人にはうれしくないですね。通常の人には誤差レベル範囲ですが。

あとは素人なのでよくわかりませんが、カルシウムとマグネシウムが記載なしに。代わりにクエン酸の量が増えています。また、ぶどう糖の含有量が300mlから200~700mlになったのはなんででしょうか?振れ幅が大きすぎ!この辺の変更は原材料の変更によるものでしょうかね。

原材料の比較

お次に原材料の比較です。

成分表は軽微な変更でしたが、こっちはすごいです。変更がありすぎてもはや別物レベル。

原材料 旧ダ・カ・ラ 新ダ・カ・ラ
果糖
果糖ぶどう糖液糖 × ○(追加)
砂糖 × ○(追加)
はちみつ ×(削除)
黒糖蜜 ×(削除)
レモン果汁
グレープフルーツ果汁 ×(削除)
食塩
グレープフルーツピール × ○(追加)
シークワサーピール
ゆずピール ×(削除)
レモンピール ×(削除)
うんしゅうみかん × ○(追加)
甘夏 ×(削除)
分旦 ×(削除)
アロエベラ(葉肉部) ×(削除)
ドライトマトエキス
海藻エキス ×(削除)
黒ごま ×(削除)
香料
酸味料 × ○(追加)
塩化カリウム × ○(追加)
酸化防止剤(ビタミンC) × ○(追加)

※赤字が廃止されたもの。青字が追加されたもの

果汁が少なくなった

まず一番大きな違い。それは果汁を少なくしたところ。

旧ダ・カ・ラこれまではグレープフルーツとレモンの果汁が多く含まれていました。パッケージには果汁10%未満と記載されています。

対して、新ダ・カ・ラは、なんとグレープフルーツ果汁をリストラ。代わりにグレープフルーツピールで風味を補っています。結果、果汁の量は驚きの1%!え、減りすぎでしょう。今年から、あのファンタですら果汁1%になっているんですよ。あーあ。

旧ダカラの果汁
前は10%未満

新ダカラの果汁。減った!
果汁が1%に

自然素材が減った

甘味を補っていたはちみつや黒糖蜜を廃止。代わりに果糖ぶどう糖液糖と砂糖が。ただの清涼飲料水になってしまった。

他にもゆずピール、レモンピール、甘夏、分旦、アロエベラもリストラ。さようなら自然派。残念でしょうがないです。

旧ダカラの素材たち
旧ダカラの素材たち

新ダカラの素材たち。減った!
新ダカラの素材

飲んだ感想

新ダカラを飲んだ感想。

まずはその透明感に驚き。いろいろ入っているのに透明。なんだこれ。自然派ドリンクだったはずが、ものすごく不自然な見た目になっている。

そして味はというと。…薄いグレープフルーツジュース。

後味はさっぱりしているんだけど、グレープフルーツの香りが強い。なんか口の中にずっと残っている。これはグレープフルーツを果汁からピールにした影響かな。皮は果汁よりも香りが強い。おそらく透明にするために果汁を廃止したんだろうけど、この変更は改悪ですね。

うーん。わざとらしくない飲み口が好きで長年愛飲してきましたが、なんかただの「いろはす」になってしまったな。これなら別な飲み物でいいや。さようなら、グリーン ダ・カ・ラ。

旧パッケージを箱買いして終わりにすることにします。

まとめ

サントリーはどうしてこんなにひどい改悪をしたのだろうか?しかも人気商品で。

そもそも、元々、ダ・カ・ラっていうレギュラー商品があり、グリーン ダ・カ・ラは派生商品でした。その後、グリーンの方が人気が出て大ヒット。気付けば、無印ダ・カ・ラは姿を消しました。これは消費者がそちらを選んだ結果です。

しかし、今回は有無を言わさず、レギュラー商品の内容を変えてきました。これでは以前の味を好んでいた消費者が離れていく可能性があります。できれば、クリア ダ・カ・ラとかいう別ラインナップとして出して、消費者に選ばせる方向にしてほしかったものです。

今回のでグリーンダカラというブランド時代が終わる可能性すらあります。愛飲していただけにそうなったら悲しいです。サントリーさん、ぜひ前の味に戻してくださいまし!

前の味が気に入っている方は、今のうちに買いだめしておきましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする