【デジカメ購入計画】第1回-スマホじゃだめなのよ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カメラ

ブログを始めてからというもの、毎日のように写真を撮影しています。どこか行ってはパチリ。何か食べてはパチリ。撮った写真をすべて使うわけではないのですが、とりあえずネタになりそうなものは撮影するようにしてます。

ただ、スマートフォンのカメラ機能にはちょっと不満があり、撮影専用機=デジタルカメラを購入したい欲求がムクムクっと湧き上がっております。

そこで、デジカメに詳しくないヒロエが、実際にデジカメを買うまでを連載してみたいと思います。

「安西先生・・・デジカメが欲しいです。」

第1回は、スマホでの撮影が、「う~ん」な理由です。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

スマホカメラの弱点

今はスマホでの撮影です。(Xperia Z1)
スマホでの撮影はお手軽でよいのですが、問題もあります。

ズームが弱い

スマホの多くの機種が、デジタルズームを採用しています。
光学ズームの場合、レンズの拡大率を利用して取り込む画像自体を拡大しているため、保存される画像は劣化しません。
しかし、デジタルズームは、取り込んだ画像を引き延ばして大きい画像に変換して保存する技術のため、拡大すればするほど画像(ドット)が荒くなってしまいます。

そのため、私の場合、きれいにズームしたいときは、「自分から近づく」という原始的な技法を使っています。シンプル。
ただ、この技法には問題点があって、相手が動物の場合、近づく間に逃げられます。特にねこ。
かわいいねこをきれいにズームアップして撮影するため、光学ズームが欲しいのです。
kameraneko

ピント合わせが弱い

ちょっと暗めだと、うまくピントが合わない傾向があります。
また、被写体が動いている場合や、液晶画面の撮影時(タブレット、ゲームなど)もピントが合いにくいです。

なもんで、今は、大量に撮影しておき、あとでブレている写真を削除するという工程を加えてます。この作業自体が面倒なのと、メモリ容量を食ってしまうので地味に大変です。

ささっと撮れない

シャッターチャンスが来た時、スマホで違うことしていると、大変です。
やってることを中断して、ホーム画面に戻ってから、カメラボタンを押して、やっとこさ起動!
で、被写体にカメラを向けたら、もういない!みたいな。
なので、ささっと撮れるのが欲しい!
それには、やはりカメラ単体であることが大事かなと思います。

まとめ

上記が、スマホの撮影が「う~ん」な理由でした。
次回は、コンデジやミラーレスなど、デジカメの種類について調べたいと思います。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

本日のピリリ!ポイント

ねこを撮るにはデジカメじゃないと!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする