中古マンションの決済&引き渡し完了!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
鍵

本日、決済処理が完了し、ついに中古マンションが自分のものになりました。
長い賃貸暮らしから、一国一城の主に転身です!ヤッター!

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

決済処理

決済処理は、住宅ローン貸出先の金融機関の個室を借りて実施。
集まったのは、買主(我々夫婦)、売主さん、双方の不動産担当2名、司法書士の先生。
主な処理は、各種書類の記入と捺印。そして、私の口座に振り込まれたローン借入金の振り分けの2つ。

この振り分けが地味に面倒で困りました。
それぞれ別の送金依頼書/払出し申込書に、口座番号や金額を記入するのですが、その数なんと計6枚!

「その場でインターネット振込させてくれればすぐ終わるんじゃないの?」と、ブーブー言いながら(チキンなので心の中で)も、がんばって書ききりました。
が、渋々書いていたら、壮大に間違っており、さらに追加で2枚書かされました・・・。ギャフン。

金融機関の書類を記載すると、残金の決済処理が開始となります。
まず、住宅ローンの借入金が私の口座に振り込まれます。
一瞬お金持ち
おお!人生初の、4ケタ万円です。
一瞬、すごいお金持ちになった気分になります!

・・・いや、借金なんですけどね。

また、すぐにそこからどんどん引き出されていくので、みるみる少なくなっていきます。
残った分も、リフォーム代と引越代と家具・家電を買ったらもう空っぽです(笑)

まぼろし~!

決済終了、そしてお部屋へ

決済も無事終わり、入金確認をもって、鍵の引き渡しとなりました。
これで、晴れて自分のものに!
1月に物件を見てから2ヶ月ちょっと、長かったー。

そして、その足でお部屋に行き、リフォーム業者さんとの打ち合わせ。
売主さんの引っ越しは終わっており、部屋は空っぽ!(当たり前ですが)
お部屋だ! からっぽ

実際に住めるのはもう少し先で、部屋や水回りのリフォームを入れると、5月末~6月になりそうとのこと。
(ユニットバスが受注生産のため、3週間くらいかかるらしい)
しっかり打ち合わせして、理想のお部屋にしていきますぞー。

あと、自分でできるところは自分でやってみて、スキルアップ&節約を狙って行きたいと思います。
その結果は、体験談としてレビューしていきますね。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする