無料でレイヤー機能ありの高機能お絵描きソフトFireAlpaca(ファイアアルパカ)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

vivotabの購入理由のひとつ、お絵描きをするために、ペイント用のソフトを導入しました。
いろいろ探してみましたが、無料で高機能なソフトが見つかりましたよ。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

やっぱ無料でしょ


購入時に試し書きしたときのソフトは「CLIP STUDIO PAINT」の無料体験版でした。
執筆環境向上のため、VivoTab Note 8とキーボードを買いました

「CLIP STUDIO PAINT」は使い心地もよいし、高機能。
レイヤーも使えるし、プラグインとかも多くて、これでいいんじゃないかという気分でした。
ただ、購入すると、5,000円。
今月はお小遣いを使いすぎたので、ちょっと躊躇。
自分は落書きができればよいので、そこまでかけるのはもったいないと、無料のソフトを探しました。

20150315_002
結果、「FireAlpaca(ファイアアルパカ)」の導入となりました。
(クラウド版なので、「CloudAlpaca」です)
フリー ペイントツール Fire Alpaca[ ファイア アルパカ ]

決め手は無料でレイヤー機能があること


20150315_003
タブレットでお絵描きする場合はレイヤーが重要です。
ラフを書いておいて、その上に別レイヤーを作成して書くことで、下書きを汚すことなく線画がかけます。
一発書きができるうまい絵師さんなら別ですが、ダメ絵師にはこの機能が欠かせません。

20150315_006
レイヤーを分けることで、着色まで快適にできました。
無料とは思えないぞ、このソフト。

「vivotab note 8」で使った場合の感想


最後に、ちょこっと使ってみた感想です。
ソフト単品ではかなり高機能ソフトですが、vivotabで使った場合にはいくつか物言いがつきます。

良い点

  • レイヤーが使える
  • レイヤーが使えるので、線画も着色も楽チンです。

  • 筆圧感知ができる
  • 筆圧が効きます。線の太さに反映されるので、味のある絵が描けます。

  • 外出先でも、寝転がっても、お絵かきできる
  • いや、これにつきますよ、結局!
    大学時代、スケッチブックを持ち歩いて、どこでもお絵かきしていたあの感覚が蘇ります。
    久々に創作意欲が湧いてきました(笑)ブログ用にちょっとしたイラストを連載してみようかしら。

悪い点

  • 画面が小さい
  • これは8インチタブなので許してよ!ってとこですが。
    細かいところを書いたりする場合は、拡大する手間がありますね。

  • ウインドウが邪魔
  • レイヤー表示など、ツールウインドウが結構幅をとっているため、作画域がちょっと狭いです。

  • 小指に反応する
  • ペンの持ち方が下手なのもありますが、小指をタブレットにつけちゃうんです。
    すると、意図せず、画面にいらない線が描かれてしまうのですよ。地味にイライラ。。。
    これは、布を敷くか手袋をして、肌がタブレットに触れないようにすることで解決可能です。

とまあ、デメリットも多少ありますが、無料でお財布に優しいし、軽くてどこでも手軽にお絵かきできるので、とても満足しています。
他のツールも試してみたいですが、とりあえず、「FireAlpaca(ファイアアルパカ)」、オススメです。

20150315_001

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする