「私以外私じゃない」ことに気付くと人生が楽ですよ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
私以外私じゃないの

「私以外私じゃないの」

これは、4人組バンド「ゲスの極み乙女。」の曲のサビ部分のフレーズ。
最近、コカコーラのCMでよく耳にする。

ゲスの極み乙女。 – 私以外私じゃないの – YouTube

若い頃は、このフレーズのような意識を持つことができなくて、ストレスを貯めこんでばかりで、無駄な苦労をしていたと思う。

でも、年齢を重ねるにつれ、このフレーズみたいに物事を考えられるようになってきて、人生が少し楽になった。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

どうしてあなたは、私じゃないの?

私じゃないの?
若い頃は自意識過剰で、他人の評価を気にしたり、自分をよく見せようとしていました。
また、それとは逆に他人のことが気になって、行動や言動を自分のものさしと比べて、心の中で批判したりもしていました。

「なんであんなことをするんだろう」

「自分だったらこうするのに」

「どうしてわかってくれないんだ」

と、まあ、他人に対してこんな勝手なことを思っていたんですね。
小さい人間です。

学生時代はそれでもあんまり不都合はありません。
嫌なことがあれば逃げられるから。
気の合う人間と一緒にいればいいし、居心地のよい場所に引きこもっていても生きていけるから。

でも、社会人になるとそうはいきません。
会社という逃げ場のない場所で、気の合わない人間とも一緒に仕事をしていかねばなりません。

解決法は期待しないこと

期待しない!

では、どうやって解決したらよいでしょうか?

それには、自分と他人が全く違う人間であることを認識することです。
そして、認識した上で、期待をしないことです。

「ああ、この人はこういう人だから」と考え、相手の個性として尊重しましょう。

例えば、「いつも不潔で、仕事をサボってばっかりなくせに、発言が上から目線で説教臭い上司」がいたとします。
仕事上、この人と関係を続けていかない場合、普段からこの人に対してどう思うかで、ストレスのかかり方が変わってきます。

不潔→「風呂入ってるのかよ?キレイにすればいいのに・・・
サボり→「またタバコかよ・・・仕事しろよ
発言→「また上から目線かよ・・・もっと下の気持ちも考えろよ

全部、自分の期待が入っちゃってますね。

期待をするから、イライラするんです。

期待をするから、ストレスが貯まるんです。

上司への期待を排除して、自分のことだけ考えるようにしたら、ちょっと楽になります。

不潔→「この人臭いもんな。俺は清潔にしよう
サボり→「いつもいないな。自分の仕事しよ
発言→「俺は部下の気持ちになって考えるようにしよ

相手に期待をしないと、意外とダメージないものですよ。

ただし、パワハラ、おめーはダメだ!
(パワハラの場合は別問題なので、しかるべきところに相談しましょう)

まとめ

作品作り

「私以外私じゃない」んだから、期待するのは止めましょう。

みんな、自分という個性・作品を持っていて、それを変えられるのは自分だけなんです。
他人の作品なんて気にしないで、自分の作品を磨くことだけに集中しましょう。
そうしたら、人生がちょっと楽になりますよっと。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする