ファミマでウルトラまんとバルタンまん買ってきた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ウルトラまんとバルタンまん

ファミリーマートのウルトラマンフェアで、変わった中華まんが売ってたので、ついつい購入してしまいました。

その名も、「ウルトラまん」と「バルタンまん」!

とってもカラフルでカワイイ。

最近の健康志向・ナチュラル志向に真っ向から対立するような、赤色2号と青色5号的な素晴らしい出来上がり(笑)

ただ、こういう昭和っぽい発色、嫌いじゃない。

あの頃の駄菓子は大体こんなのだったし、むしろ逆に心が踊ってしまうのはオッサンの証かも。

さて、外側は赤だの青だの黄色ですが、中身はどうでしょうか?

さっそく割って、中身を見てみましょう。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

中身は

開頭!

割ってみました。

もったいなくて中身が見られるレベルでまんじゅうを削り落としてみたら・・・。

ヤバイ。開頭手術っぽくなってしまった。

拡大ウルトラまん

まず、ウルトラまんから。

中身は醤油で色付けされたお肉・・・。

って、やっぱりこの割り方だと「脳」に見えてしまうゾ。

絶対見せ方を間違った、コレ。

拡大バルタンまん

お次は、バルタンまん。

ウルトラまんと違って塩味なので色はないはずが。

まんじゅう生地が残ってしまったため、青っぽい脳みそお肉に・・・。

やばい、まったく美味しそうじゃない(笑)

ごめんなさい、ファミリーマートさん!

実食

見た目で美味しさをアッピールできなかったので、食べた感想でフォローしなくては。

ウルトラまん中身

ウルトラまんを割ってパクリ。

おお、そこそこ美味しそうじゃないか(笑)

最初からこうしておけばよかった。

中身は、醤油で味付けされた具。

豚肉・たけのこ・しいたけ・玉ねぎ?といった感じ。

お肉はフレッシュというよりは、じっくり煮込んだしぐれ煮のような印象。

肉汁というよりは、煮汁がじゅわ~と滲み出てくる。

これはこれで美味しいけど、個人的にはもっと肉々しい方が好みかな。

バルタンまん中身

お次はバルタンまん。

割ってみたものの・・・。

まんじゅう生地が青色という時点で美味しそうに見せるのは、篠山紀信でも難しいだろうな。

味は、ウルトラまんよりこっちの方が好み。

塩味の具で、お肉プリプリのたけのこシャキシャキ。

肉々しさでバルタンまんに軍配です。

まとめ

以上、ウルトラまんとバルタンまんのレポでした。
ちなみに両方とも1個200円とちょっぴりリッチなお値段となってます。
ただ、その造形は、一見の価値ありです。
全国で40万個限定販売なので、売り切れ前に一度はお試しあれ。

おまけ

今年はウルトラマン50周年の年らしく、ファミマ以外にもいろいろイベントが開催・企画されているようで。

今、JR東日本ではスタンプラリーやってますしね。

JRの主要駅にスタンプがあって、10個揃えると商品が貰えるとのこと。

駅ごとに怪獣が違って楽しいですよね。

ちなみに、昨日、大雪の中向かった出張先の市ヶ谷駅。

どんな怪獣かと思ったらは「ヤメタランス」だと。

・・・ご、ごめん。知らない(笑)

みなさんも最寄り駅があれば見てみてくださいませ。

市ヶ谷はヤメタランス

東日本 帰って来たウルトラマンラリーより引用

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする