ヨーグルトメーカーでR-1の密造に挑戦!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーでR-1を密造

30代後半になると、急に体に気を遣うようになりますね。
それまでまったく気にしていなかったのに。

そんな中、最近食べ始めた、明治乳業のR-1ヨーグルト。
強さ引き出す乳酸菌でおなじみ。
言葉の意味はわからぬが、なにやら体にはよいらしい。

ただ、けっこうお高いのがたまにキズ。
なので、法を犯して密造をすることにしました。

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)

R-1の密造手順

準備するもの

20170109110928

用意するのはこちら。
・ヨーグルトメーカー
・牛乳1リットル
・明治R-1ヨーグルト

ヨーグルトメーカーは、ローストビーフを作るために購入したやつです。
http://piri-link.net/yogurt_maker_roastbeef/


温度・時間調整ができて、牛乳パックもそのまま入るという優れもの。
それで、4千円しないという。
アイリスオーヤマ、神か。

材料を混ぜ合わせる

20170109110951

まず牛乳パックの口を開けます。

ヨーグルトを投入するので、四角開けしてください。
いや、そんな呼び方かはわかりませんが。

20170109111039

次に、ヨーグルトを投入する準備。
1リットルの牛乳パックに約110グラムのヨーグルトを投入するので、そのまま入れるとあふれます。
なので、あふれないように、同じ量の牛乳を出しておきます。
出した牛乳は、そのまま飲むなり、お風呂に入れてお肌スベスベにするなりご自由に。

20170109111042

次に、メインイベント。ヨーグルトの投入です。
牛乳パックの口に付かないように慎重に入れましょう。
(口に付くと、雑菌が増えるような気がする)

加熱

20170109111220

準備できたら、ヨーグルトメーカーに牛乳パックをセットします。
アイリスオーヤマのヨーグルトメーカーなら、ピッタリハマります。


専用容器に入れないとダメなものもある中、そのまま入れられるのって素敵すぎる。
冷蔵庫での保管も楽チンですしね。

20170109111241

温度は40℃。時間は8時間です。
設定したら後は待つだけ。

完成!

20170109202529

8時間待って開けてみると・・・できてました、ヨーグルト。
かんたんですなー。

20170109202514

出来立てはこんな感じ。
温かいままの状態だと、本物よりも水分が多くて、少し柔らかめ。

20170109203644

出来立てをはちみつでいただきます。
糖分が少なくなった分甘みがないですが、味とか風味はR-1っぽい!

120円のR-1ヨーグルトが、300円で10食分くらい作れちゃいました。
これは密造成功ですね(笑)

ちなみに、冷蔵庫で冷やせば普通のヨーグルトの食感になります。
なので、一晩待つのがいいですかね。

まとめ

混ぜて放置するだけで高級ヨーグルトが大量に作れちゃう。
なんて素敵なヨーグルトメーカー。

なお、作ったヨーグルトの余りと新しい牛乳で、さらに密造することもできます。
ただ、その場合は、乳酸菌が増えすぎて酸っぱくなるので注意。
あと、雑菌も気になるので、追加密造は1回くらいまでにしておきましょう。
永遠に密造ってのはさすがに虫が良すぎるようです(笑)

スポンサーリンク
レクタングル広告(大)
レクタングル広告(大)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする